• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 365
  • 公開日時 : 2015/04/14 17:32
  • 更新日時 : 2019/05/31 11:18
  • 印刷

テキストファイル変換で、仕訳データ、科目残高、マスタへ取込むファイルの条件などがあれば教えてください。

回答

並び順と入力必須の条件があります。以下に仕訳データを例に説明しています。内容を確認の上、添付ファイルを参照し、取込むテキストファイルを修正してください。修正後の手順は、こちら
 
▼入力必須
A列:伝票番号(※1)
D列:日付(※2)
E列:借方科目コード
H列:貸方科目コード
P列:手形期日(※1)
 
※1)使用していなくても必ず「0(ゼロ)」を入力してください。
※2)平成31年4月1日の場合は「310401」、令和1年5月1日の場合は「310501」と入力してください。
   令和の場合、年数部分は「30+令和の年数」としてください。
 
 
▼空欄でも取り込み可能
B列:部門コード
C列:工事番号
F列:借方科目名
G列:借方補助コード
I列:貸方科目名
J列:貸方補助コード
L列:摘要
O列:資金繰り科目コード
 
 
なお、いずれの列にも「,(カンマ)」は使用しないでください。使用するとインポート時にエラーが出て取り込めません。
また、ファイル名は「KAI◯◯◯◯-Shiwake.csv」としてください。◯には会社コードが入ります。
 
例)無料版(会社コード0)の場合:「KAI0000-Shiwake.csv」
  会社コード3の場合:「KAI0003-Shiwake.csv」
  会社コード12345の場合:「KAI-0000012345-Shiwake.csv」
 
※会社コードが5桁以上の場合は、前に0をつけて合計10桁にしてください
添付ファイル : 
3059_テキストファイル書式.pdf

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください
※日本語のみ(Japanese only)
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます