• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5357
  • 公開日時 : 2021/07/20 17:24
  • 印刷

源泉徴収簿でデータ読込をしたときに、月区分に表示される支給月日が想定と異なります。

回答

源泉徴収簿の月区分は「支給月」を基準にして読み込みます。「支給月」以外(計算月など)での読み込みはできません。
例)支給日が2021年1月25日の給与データが登録されている場合は、源泉徴収簿(令和3年度)の月区分1の支給月に「1」、支給日に「25」が読み込まれる。
 
また、一人の従業員に対して同一の月に複数の支給日で給与データを登録している場合は、月区分の表示にズレが生じます。
例)支給日が2021年1月25日、2021年1月30日の給与データがある場合は、源泉徴収簿の月区分1には支給日が2021年1月25日のデータが読み込まれ、月区分2には支給日が2021年1月30日のデータが読み込まれる。

ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
※日本語のみ(Japanese only)

Q&Aコミュニティ

Q&Aコミュニティは、フリーウェイシリーズのユーザー様が相互に助け合いながら、さまざまな疑問を解決するコミュニティです。専門知識などでご不明点がありましたら、ぜひ活用してください。※ご利用に際して費用は一切かかりません。

詳しくはこちら