• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3872
  • 公開日時 : 2019/12/13 17:12
  • 印刷

年末調整の結果が「徴収」になってしまいました。なぜですか?

回答

徴収となる主な理由は、以下の3点です。
  1. 賞与の支給額が通常より多い場合

  2. 給与の支給額に大幅な変動があった場合

  3. 年度の途中で扶養親族の人数が減った場合 ※

    ※ 給与(賞与)計算時点で登録していた扶養人数より、年末調整時(該当年度の12月末時点)の扶養人数が少ない場合は徴収となる可能性があります。年末調整時の扶養人数が少なくなるパターンとしては、以下の内容が考えられます。
    ・年度の途中で配偶者が「源泉控除対象配偶者」ではなくなった場合
    ・扶養親族が扶養対象から外れた場合
    ・給与(賞与)計算時点で登録していてた扶養人数に誤りがあった場合
 
なお、上記の条件は、年末調整メニューの「家族情報入力」や「保険料控除等申告書」が正しく入力されていて、「所得税源泉徴収簿」や「給与所得の源泉徴収票」で正しくデータ読込されている場合を前提としています。年末調整の手順は以下のFAQを確認してください。
 
▼キーワード検索用
差引超過額又は不足額
不足税額

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください
※日本語のみ(Japanese only)
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます