• No : 4243
  • 公開日時 : 2020/04/17 10:30
  • 更新日時 : 2022/11/18 11:52
  • 印刷

顧問先とはデータ共有せずに、会計事務所のスタッフだけでクラウドを介してデータ共有する手順を教えてください。

回答

手順は以下のとおりです。なお、以下の手順でクラウド共有の設定をしても、フリーウェイ経理Proの利用料金が追加で発生することはありません。
 
▼手順
  1. 会計データを作成する(作成ずみの場合は「※注意点」を確認し手順2へ進みます)

    「データ入力」>「105 会計データ管理」>「1 会計データ新規作成」>必要事項を入力>[登録]

    ※注意点
    同期先ドライブを所内の共有サーバ以外にしている場合(各パソコンのCドライブなどにしている場合)は、事前に他のパソコンで同一会社コードの会計データが存在していないか確認し、存在している場合は、共有したいデータ以外は他のドライブに移動させるか、不要な場合は削除してください。
    同一会社コードのデータが各パソコンのドライブに存在している場合、クラウドサーバにアップロードされるのは最終更新日時が最新のデータだけです。上記の手順をとらずにデータを同期した場合(異なるドライブに最終更新日時が異なるデータが存在している場合)は、最終更新日時が新しいものだけがアップロードされ、最終更新日時が古いデータは上書きされ失われます。あらかじめ注意してください。

     
  2. 事務所情報管理画面でクラウド共有の設定をする

    [ログイン情報設定]>「フリーウェイ経理 事務所情報管理画面」>[ログイン]>「顧問先設定・削除」>[新規追加]>「顧問先ID(=会社コード)」と「顧問先名」を入力(「パスワード」欄は空欄のままにします)>[登録]>[OK]
     
  3. 会計データをクラウドサーバにアップロードする

    フリーウェイ経理Proを終了>フリーウェイ経理Proを起動
    >『同期先ドライブにFreeWay経理サーバーにアップにされていない会計データがあります。アップロードしてもよろしいですか?』のメッセージで[OK]
    >『会計データのアップロードが完了しました』のメッセージで[OK]
    >「データ入力」>「101 仕訳データ入力」>会社選択画面で該当の会社データの行を確認し、業種の右に「◯印」と「最終更新年月日」が表示されているか確認