• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4600
  • 公開日時 : 2020/11/13 00:00
  • 印刷

死亡退職した人の年末調整は、どのようにすればよいでしょうか。

回答

年末を待つことなく最終給与において年末調整をしてください。手順は以下のとおりです。

▼手順
  1. 従業員データ(就業状況、退職日、扶養控除等の申告)の設定
    「従業員データメニュー」>「従業員データ入力」>退職者を[選択]>[編集]>就業状況を「死亡退職」にする>退社日を入力する>所得税欄の「扶養控除等の申告」を「有り」にする>[登録]
     
  2. 源泉徴収簿の作成
    「年末調整メニュー」>年度を選択>「給与所得の源泉徴収」>「給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿」の[編集]> 該当の従業員を選択>[編集]> [データ読込]>[登録]

    ※該当年度の年末調整メニューに「給与所得者の保険料控除申告書」の帳表が公開されていない場合は、「社会保険料等控除額」「生命保険料の控除額」「地震保険料の控除額」については、ご自身で計算した結果を手入力してください。

     
  3. 源泉徴収票の作成・印刷
    画面左上のプルダウンメニューより「給与所得の源泉徴収票」を選択> [編集]>[データ読込]> 必要事項を入力し、[登録]>「終了」>「給与所得の源泉徴収票」の[印刷]>該当の従業員にチェックを入れ、[印刷実行]
 
死亡退職した場合の源泉徴収票の取り扱いの詳細は、国税庁のホームページを確認してください。

ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください ※お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
※日本語のみ(Japanese only)

Q&Aコミュニティ

Q&Aコミュニティは、フリーウェイシリーズのユーザー様が相互に助け合いながら、さまざまな疑問を解決するコミュニティです。専門知識などでご不明点がありましたら、ぜひ活用してください。※ご利用に際して費用は一切かかりません。

詳しくはこちら