• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3878
  • 公開日時 : 2019/12/17 13:11
  • 印刷

税区のガイドに表示されるカッコ内の数字(28、29、30)はどのような時に使いますか?

回答

消費税仕訳を手入力したい場合に利用します。税区28~30を利用することで消費税一括税抜処理の対象外となります。仕訳入力時は、本体仕訳と消費税仕訳を入力する際に税区28~30を利用し、消費税仕訳の「科目」欄に対応する科目コードを入力します。
 
▼仕訳例(消費税率10%の場合)
借方        貸方     金額 課 税 科目
8110 仕入    1100 現金 ○円 21 30  
1500 仮払消費税 1100 現金 ○円 21 30 8110  
 
※課税区分が「混在処理」の場合の注意点
課税区分が「混在処理」の会計データで消費税一括税抜処理の対象外としたい仕訳を入力するときは、仕訳データ入力画面の[F10 税処理]から「税抜処理-自動税抜処理を行わない」を選択してください。
例外として、課税区分が「混在処理」で仕訳データ入力画面の[F10 税処理]から「税抜処理-税込伝票」もしくは「税抜処理-税抜伝票」を選択している場合のみ、自動入力される税区は28~30となり、消費税仕訳が自動入力されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください
※日本語のみ(Japanese only)
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます